高校卒業程度学力認定試験

少し前の話にはなりますが今日は私が【高校卒業程度学力認定試験】を受験したときのお話をさせていただこうと思います。

私が合格したのは2017年8月の試験でした。当時31歳のオッサンですねw

今更?!って言われちゃいそうな年齢で試験に臨んだわけです。試験勉強を開始したのは30歳になった時です。特にわかりやすいきっかけがあったわけではないけれど、『人生このままで終わったら嫌だな』と漠然と思ったからですかね。

後にMOSや情報処理等の資格に臨むことになるわけですが、自己啓発開始の狼煙として手始めに『せめて高卒の資格くらい取ろう』と思ったわけです。(遅い)

高等学校卒業程度認定試験に合格するには、各教科の必修の科目に合格する必要があります。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/

文部科学省HP

出典 文部科学省

一部受験科目を選択できるのですが、私が受験したのは

1.国語(必修)

2.世界史A

3.地理A

4.現代社会

5.数学(必修)

6.科学と人間生活

7.生物

8.英語(必修)

一部科目選択ができるのですが、恐らく私が選択した上記の組み合わせが最も難易度が低いのではないかと思われます。

詳細の前に試験勉強開始前の私のおおよその学力をご紹介させていただきますと

国語   - 現国だけなら無学習で満点取れる自信あり(社会人10年以上やってりゃ当たり前な気もしますが)古文、漢文は全くと言っていいほど無知。


世界史  -  マゼランやマルコポーロ等は船で何かした人とかいう大きすぎる括りでしか認識していない。ゴルバチョフといえば頭になんかシミのあるロシアの偉い人としか認識していない程のバカ。


地理   - 日本、中国、ロシア、アメリカぐらいしか場所がわからない。


現代社会 - なにもわからない。


数学   - 小学校高学年の算数が既にもう無理


理系科目全般 - ピンポイントでマニアックなことは知っていたりするが基本的には無知。 モルってなんすか?元素記号は水素しかわからない。


英語   - 中学レベルの文法ならなんとかわかる。


…改めて書いみて恥ずかしくなりました(-_-;)

本当に学生時代、勉強してこなかったなぁ…それはさておき、高認は各教科の合格ラインが40/100と低い為、こんな底辺の学力からでも半年も勉強すればは合格することができます。参考になるかはわかりませんが以下に私が実際に行った学習方法をご紹介させていただきます。

合格ラインこそ低いものの学習範囲は広い為、まず受験する際にどこから手を付けていいのかわからないといった状態になりがちだと思われますがやはり試験である以上出題範囲というものがあります(毎年変更になる可能性がある為、受験に際して必ず文部科学省のHPで確認しましょう)。そして試験である為、当該試験に特化した参考書が販売されています。

 

私が試験勉強に(最終的に)使用したのは しまりす親方式 高認文系学習塾 並びに しまりす親方式 高認理数系学習塾 の2冊です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しまりすの親方式 高認文系学習室 [ しまりすの親方 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/30時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しまりすの親方式 高認理数系学習室 [ しまりすの親方 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/30時点)

 

楽天で購入

 

 

 

実を言うと私は学習開始時に高校の参考書の類を購入して一から始めようと試みてしまったのです。勉強そのものに慣れていないが故に犯した愚行ですねw

確かに、しっかり一から勉強しなおしたいという想いはあったのですが、ハッキリ言って高認受験に際してこのやり方はお勧めできません。

高校3年間で学ぶ内容を網羅しようとしたら膨大な時間を要するわけで、そんな事を続けられるわけがないからです。

もし貴方ががっつり勉強をやり直したいとお思いなのであれば高認に合格した後で更に勉強を続ければいいのです。(実際、私は合格後も、英語と数学だけは学習を続けています。)まずは目の前の試験に合格することです。

試験に合格する為には範囲を絞って効果的に対策をしていくべきです。上でご紹介させて頂きました 対策テキストは狙いを絞って効果的な学習をしていく為には非常に優秀なテキストです。試験範囲の再確認と出題の傾向を分析した上での対策方法や要点の紹介、その上で過去問からの良問を抜粋しての掲載。私は数学以外の7教科はほぼこの2冊のみで学習をすすめました。この2冊だけで全教科40点以上は射程圏内だと思われます。

ただ、数学だけは私は小5のドリルからやり直しました…(恥)そのくらいおバカさんだったので(-_-;)そして 語りかける中学数学 という参考書で学習を進め漸く、因数分解、2次方程式、2次関数までたどり着きました。(数学だけは毎日やりました)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

語りかける中学数学増補改訂版 [ 高橋一雄 ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2018/9/30時点)

 

楽天で購入

 

 

 

そんなこんなで半年の学習期間でなんとか合格に至りました。また高認は一度に全ての科目を合格する必要はなく、一度合格した科目は次回以降免除になる為、どうしても学習時間が取れないという人であっても分割して受験することができるので、その気があれば必ず合格できる試験でもあります。

今更、中卒が高卒の資格取ってなんか意味あるの?wと仰る方ももしかしたら、いるかもしれませんが意味があるかどうかはその後の自分次第、言ってしまえば全ては結果論でしかないのだと思います。一つだけ確実に言えることは、結果の為に行動するのではなくて、行動するから結果がついてくる。という事です。そう考え、私は低学歴ながらも未だ様々な資格取得などの努力を続けています。

本記事が今後、高校卒業程度学力認定試験を受験される方の参考になれば幸いです。

ゲーム作りました!   10/07更新!!

久方ぶりの更新~

特に書くことがなかったのだが1か月ほど前からC言語を勉強し始め、つい先日自作ゲームが完成したので記念にブログ更新。

需要から考えればJAVA等のオブジェクト指向言語を学習するべきなのかもしれないがC言語は機械の内部構造を理解するのに適しているらしいのでまずは基礎固めとしてC言語を選択しました。

完成したゲームの内容ですが、コンソールアプリのダンジョンRPGになります。

その名も Is this dungeon?~これはダンジョンですか?~

コンソールアプリなので絵的には地味ですがそれなりに練りこんだシステムになっているので暇な方は遊んでみてくださいw

ソースも同梱しておきました。C言語歴2か月の素人の書いたコードなので稚拙なソースだとは思いますが、これからプログラミング始める方の参考になれば幸いです。

作り始めると結構楽しいけど、段々プログラムの規模が大きくなってくるとわかりにくくなるので事前の設計が大事だと痛感しました。

苦労したポイント 構造体のメンバに構造体をネストしたときにアドレス空間が重複して予期せぬ挙動を示した(メンバの並びを変更することによって一応解決済み)

ポインタは言われているほど難しい概念ではない。

 

開発環境 テラパッド cygwin

プログラミング初心者が作成したコンソールRPG Is this dungeon?

↓↓ダウンロード↓↓

2018/10/07 最終更新!

これダンver1.11

 

※主な変更点※ver1.11

バランス再調整

※主な変更点※ver1.1

60階のボスが不在だったバグを修正

防具の防御力が被ダメージ計算に加算されていなかった重大すぎるバグを修正

一部のアイテムが強すぎたので修正(アトミックボムとかアトミックボムとか)

全体的に敵の強さやアイテムの性能を調整

ホーリーやポイズン、スリープに関するバグを修正

魔法の性能の調整

やっぱりちゃんと一度自分でクリアまで確認しないとだめですねw

 

次回作はjavaで作れたらいいなぁ・・・

 

学習に使用した書籍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

C言語本格入門 基礎知識からコンピュータの本質まで [ 種田元樹 ]
価格:3218円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)

 

楽天で購入